メディカルフィットネス研究所HOTNEWS

整形外科医の提唱する、予防と治療の健康体操”医学体操®”の実践と普及を行っているメディカルフィットネス研究所の新着情報形式のブログです。

大阪でのロコモン2日間

今回は連日でした。
6月15日は摂津市立老人福祉センターせっつ桜苑 「いきいきカレッジ」でロコモティブシンドロームついて、また
その実技体操を50名の元気な65歳以上の方と体操してきました。今回のように整形外科医が出向かない場合は、DVDで医師が説明します。その後、実技という流れになります。
カレッジ受講生のいきいき前向きな姿勢におされるように、実際の姿勢の話を含めタオルを活用した体操、ロコモーションのダンス体操を’楽しく’やらせていただきました。
そして、16日は豊中医師会主催の講演会で、別府諸兄先生のロコモの講演に引き続きやはりタオル体操とろコーションのダンス体操を行いました。こちらは会場がホテルで150名の方々が参加されました。雨で参加者の方々の出席が危ぶまれました、盛況でした。質問コーナーでは、骨粗鬆症に関するもの、過日NHKで放送された「貧乏ゆすりが骨にきく」か「自主トレーニングで心臓リハビリを行っているが、ストレットをやりなさいといわれるが、どんなことをすればよいか」等の質問がありました。
2日間共に、依頼講演内容が同じであったので、体操実技はほぼ同じでしたが、講演の流れ雰囲気、参加者の方々のあり様により変化し、充実したひと時でした。2日間共に、このたび、医学体操指導者を取得した
健康運動指導士で看護師の山本和代さんがお手伝い頂ました。大阪バリバリの彼女のサポートは、大きな力でした。

摂津さくら苑 講演会

せっつ桜苑 講演会の様子

豊中 講演会

豊中医師会主催 講演会の様子

PageTop