メディカルフィットネス研究所HOTNEWS

整形外科医の提唱する、予防と治療の健康体操”医学体操®”の実践と普及を行っているメディカルフィットネス研究所の新着情報形式のブログです。

メディカルフィットネス発祥の教室はどこか知ってますか?

メディカルフィットネスとは何か、ご存じですか。
これは私共の体操教室創設者の伊丹康人先生が平成7年に命名した言葉で、日本語です。これについては、平成22年度健康づくり事業財団講演会で田中喜代次先生がこの言葉を検索されお話くださいました。発祥は私共メディカルフィットネス研究所であるそうです。そして、ここで行われているのは、18世紀フランスのニコラス・アンドレー≪整形外科の父≫の。「適度な運動は薬にも勝る」という考えがもとになっています。伊丹先生はその本を翻訳すると同時に、それを実践しました。それが、メディカルフィットネス研究所で行われている体操です。特に運動器を中心にロコモ予防、健康寿命対策、つまり身体のしくみ、動きに添って身体をケアーします。それも、楽しく!です。今回は、そのマークができましたのでご紹介しますね。ニコラスの木≪曲がって生えてきた木に添え木をあてて正しく成長させる≫をとりいれたものです。教室が行なわれている上馬整形外科クリニックと合体したものです。
メディカルフィットネス研究所沿革もご覧ください。

アンドリーの木

PageTop

2月14日(土)第2回横浜 川崎ロコモセミナーの会

2月14日(土)第2回横浜 川崎ロコモセミナーの会
(公財)日本股関節研究振興財団別府理事長の特別講演がありました。ロコモの会なので、それに沿った健康づくりを医師がどのように患者さんに伝えていくか、と新ロコモ度テストの実際を紹介されました。40センチの台から片足で立つ、次に30センチの台からも片足で立つというテストを紹介、かなり厳しいテストであることを参加された横浜・川崎の医師の先生は実感されました。
私は、それに則して、ロコモーショントレーニングを紹介、先生方は参加されることもなく・・・・・ジッーとご覧になっていました。不評な実技紹介・・・・と落ち込んで帰りましたが、後日、実技紹介が今回はとても参考になったという反響で・・・ホッ!実は、実技をもっと知りたい~と皆さん思っていたのだーと別府理事長が納得でした。

川崎ロコモ

PageTop